<Language> IndonesiaIndonesia JapanJapan

インドネシア不動産投資情報サイト

ホーム > 賃貸事務所の種類と特徴

賃貸事務所の種類と特徴

賃貸オフィスの種類としては、一般賃貸オフィス、SOHO、サービスオフィスの3つのタイプに分類されます。

一般オフィス SOHO サービスオフィス

一般賃貸オフィス

一般賃貸オフィスは、日本と同様にオフィスビルのフロアーの1部を賃貸契約にて利用します。貸室面積は、日本のような少人数で利用できるものが少なく、平均100㎡以上の大きなスペースものがほとんどです(稀に分割利用可能なものもあります) 。

貸室の引渡・退去時は、原則、スケルトン(柱・梁・床等の構造躯体)の状態となりますので、内装工事が必要となります。貸室内にはトイレや給湯室を造作することはできないことから、各フロアーに共用トイレ、パントリー(給湯室)を利用します。

また、貸室内は、原則、禁煙となっており、喫煙場所は、オフィスビルことに定められています。
セキュリティーは、グランドフロアー及び駐車場出入り口に必ず警備員が配置されています。専用のアクセスカードがなければゲート通過できないところもあります。

共用施設は、レストラン、カフェ、ミニマート、ATM、喫煙エリア、駐車場等が完備されております。オフィスビルの中には、敷地内にプール、フィットネスジム等(別途料金)があり、大型ショッピングモールと併設されているものもあります。

貸室の利用時間は、ビルごとに定められていますので、残業する場合は、事前に延長申請(延長料金課金)が必要となります。(エアコンは、セントラルエアコンとなっており、貸室の利用時間が過ぎれば止められますので、合わせて延長申請が必要です)

SOHOオフィス / SOHOアパートメント

SOHOとは、Small Office/Home Office(スモールオフィス・ホームオフィス)を略してSOHO(ソーホー)と言われます。

SOHOタイプは、オフィスとしての利用はもちろん、住居としても利用することができる物件です。貸室面積は、平均約70㎡から150㎡前後となります。貸室は、住居としても利用できることから、一般賃貸オフィスのようなスケルトン状態ではなく、ある程度内装設備(キッチン・トイレ・浴室・床・壁等の内装)が設置されております。

室内は、メゾネットタイプとなっており、オフィス専用や住居専用としての利用又は、1階をオフィス・2階を住居というようにお客様のニーズに合わせて利用できます。

また、一般賃貸オフィスのような利用時間の定めもなく、エアコンも各自で設置することから、24時間自由に利用できます。

セキュリティーは、一般賃貸オフィス・アパーメントと同様にグランドフロアー及び駐車場出入り口に必ず警備員が配置されており、専用のアクセスカードで出入りします。

共用施設は、スイミングプール、フィットネスジム、レストラン、ATM、駐車場等が完備されております。

サービスオフィス

サービスオフィスは、運営会社がオフィスビルの数フロアーを購入あるいは賃貸契約し、電話・インターネット、メール代行サービス、室内清掃等さまざまなサービスを付加して、法人等に提供しています。
フロアーを受付、貸室、会議室、ビジネスラウンジ、パントリー、コピー/ファックスエリア等に分割し、貸室を専有利用、会議室等のエリアを共用利用します。

貸室内は、机、椅子、電話、キャビネット等が既に設置されており、貸室面積も10㎡程度の小スペースから提供されていることから2.3名の少人数からの利用が可能となっております。
このように、オフィスの内装及び必要な什器・備品が設置されていることから、契約後、すぐに利用することができます。

セキュリティーは、一般賃貸オフィスと同様にグランドフロアー及び駐車場出入り口に必ず警備員が配置されており、専用のアクセスカードで出入りします。
貸室の利用時間は、予め定められており時間外は、エアコンが止められますので延長申請が必要です(延長申請出来ないところもあります)。

会議室等の施設が共用利用であることから、いつでも自由に使えないということがあります。また、オプションサービスが充実していますが、オプションの選択次第で料金が少し割高になるケースも有りますので注意が必要です。

賃貸オフィスのメリットとデメリット

種 別 メ リ ッ ト デ メ リ ッ ト
一般賃貸
オフィス
  • 内装(会議室・応接室・収納等)を自由に造作することができます。
  • サービスオフィスと比較して、社会的信用度が高いことと、長期的には賃料が安くなる。
  • 貸室面積が大きく(100㎡以上)少人数利用向きでない。
  • 引渡・退去時の内装改装工事がひつようであることから時間と費用がかかる。
  • 契約の途中終了、契約更新のリスクがある
  • オフィス利用時間の定めがあり、時間外利用の場合、別途費用が必要となる。
SOHO
オフィス
  • オフィスと住居の2つの用途で利用できる。
  • 利用時間の制限が無い(24時間利用可能)。
  • 室内改装も自由にでき、キッチン・浴室・トイレ設備がある。
  • 共用施設に、スイミングプール、フィットネスジム等があり充実している。
  • SOHOタイプの物件は、少ないことからエリアが限定される。
  • 一般賃貸オフィスと同様に、契約の途中終了、契約更新のリスクがある。
サービス
オフィス
  • オフィススペースは、1名から20名規模の個室が用意されているので、少人数からの利用が可能。
  • オフィスの内装が施され・什器・備品が完備されている。
  • 電気・水道料金も賃料に含まれている。
  • インターネット、メールサービス、室内清掃等さまざまなサービスが提供される。
  • オフィス利用時間の定めがあり、時間外利用の場合、別途費用が必要となる。
  • 会議室等が共用のため、必要な時にすぐに利用できない場合がある。
  • 多くの便利なオプションサービスがあるが、選択次第で、賃料が割高になる場合がある。

サポートマップ

賃貸住宅サポートメニュー

賃貸事務所サポートメニュー

売買投資サポートメニュー

メールでのお問い合わせ
ページの先頭へ戻る