<Language> IndonesiaIndonesia JapanJapan

インドネシア不動産投資情報サイト

ホーム > 賃貸住宅の種類と特徴

賃貸住宅の種類と特徴

ジャカルタは、東ジャカルタ市、西ジャカルタ市、北ジャカルタ市、南ジャカルタ市、中央ジャカルタ市の5つのエリアに分けられます。
そのなかで、最も多くの日本人を含む外国人が居住するエリアは、中央ジャカルタから南ジャカルタのエリアです。
日本人は、単身赴任者と家族帯同者により居住するエリアが分かれています。単身赴任者は、勤務先近郊の住宅を利用することから中央ジャカルタ周辺、家族帯同者は、お子様の日本人学校への送迎の都合やモール等の生活利便施設近郊の住宅を利用することから南ジャカルタ周辺に居住しています。
日本人の利用する住宅の種類は、昔は戸建住宅を利用していましたが、海外で生活する上で、最も重要な防犯面を重視することから、現在は、高層住宅を多く利用しています。

賃貸住宅の種類としては、アパートメントサービス付アパートメントタウンハウス戸建住宅の4つのタイプに分類されます。

アパートメント サービスアパートメント タウンハウス 戸建住宅

1.アパートメント (貸主は、個人又は法人です)

アパートメントとは、日本における分譲マンションに該当します。部屋の専有面積が広く、例えば、3BEDROOM(日本の表記では3LDK)タイプの場合、ほとんどの物件が100㎡以上の面積となります。間取について、一般的な日本の間取は、専用ポーチから玄関を入り、廊下を通ってリビング又は各部屋へ入るというようなレイアウトになっていますが、ジャカルタの物件は、玄関を入ると直ぐにリビング・ダイニングになっている間取のタイプが多いです。

 
日本のマンション間取   ジャカルタのアパート間取

高層の建物が多いことから、バルコニー付きの物件はあまり多くありません。 洗濯物は、乾燥機を利用するか、サービスアリア内にて乾かします。

ほとんどのアパートメントには、スイミングプール、フィットネスジム、テニスコート、子供の遊び場、 バーベキューエリア、ミニスーパー等の共用施設も整っており、いつでも自由に利用することができます。 さらに、大型ショッピングモールが併設されているアパートメントは、専用の連絡通路が設けられていますので、雨の日も外に出ることなく買物・食事等ができます。

プール 子供の遊び場 テニスコート

海外生活において最も重要なセキュリティーについては、エントランス及び駐車場の出入口には必ず警備員が24時間配置され、来訪者のチェックをしています。

さらに、専用のアクセスカード・駐車場カードがないとエレベーターや駐車場、共用施設を利用することができない等、セキュリティーにおいても充実しています。

部屋には、エアコン、照明器具、カーテン、電気又はガスコンロ等の設備があります。さらに、家具付アパートメントの場合は、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ等の家電製品やダイニングセット、リビングセット、クローゼット、ベットセット(寝具付)等の家具が備え付けられています(家電や家具の追加は、貸主との交渉となります)。

このように、安全性と利便性に富んでいることから、日本人の単身赴任者から家族帯同赴任者に幅広く利用されています。

2.サービス付アパートメント (貸主は、法人です)

サービス付アパートメントとは、掃除、洗濯、リネン交換、食事サービス等ホテルと同程度のサービスを提供するアパートメントです。建物は、ホテルなどの一部分又は、1棟のアパートメント全てをサービスアパートメントとして提供されています。

部屋には、家具や家電製品が備え付けられており、共用施設やセキュリティーも一般アパートメント同様に充実しています。 サービスを提供する企業やホテルが専属の運営スタッフを配置し、建物の管理運営を行っているので、エントランス、廊下等の共用部分の清掃もゆきとどいており、 サービス内容も均一で、設備等の不具合が生じても迅速に対応してくれます。

サービス付アパートメントは、短期契約も可能なことから、短期赴任者及び単身赴任者に人気があります。

3.戸建住宅 (貸主は、個人又は法人です)

一般に庭付きの住宅で、日本の戸建て住宅よりも敷地が広く、建物面積も大きく作られています。さらに、プール付きの住宅もあり、プライベートも確保され、かなり贅沢な雰囲気を味わえます。

しかし、その反面、安全性を確保するために警備員を雇う必要があります。また、建物の管理(清掃、庭の手入れ等)のため、メイドさんを雇う必要もあります。 アパートメントのような管理サービスがなく、日々の生活における雑事(ご近所の付き合い等)が多くなることから、日本人で戸建住宅を利用される方はほとんどおりません。

4.タウンハウス

戸建住宅と似ていますが、周囲をゲートで囲まれた広い敷地内に多くの戸建が立ち並び、広々とした敷地内には緑も多く、プール、テニスコート、バーベキューエリア、公園等の共用施設があります。

敷地の入口には警備員を常時配置し、来訪者のチェックを行います。建物及び共用施設の管理は、管理事務所が対応しますので、快適に安全に暮らせます。

しかし、タウンハウスは、広い敷地を要することからジャカルタ中心部にはなく郊外に多くあります。周辺に生活利便施設があまり無いこと及び通勤時間の関係により、日本人はあまり多く利用していません。

サポートマップ

賃貸住宅サポートメニュー

売買投資サポートメニュー

メールでのお問い合わせ
ページの先頭へ戻る